スカーフの巻き方集 TOP スカーフの基礎知識 > スカーフの収納


Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

スカーフの収納

スカーフ類の上手な収納方法

洋服をコーディネートする時、スカーフも選べるように、クローゼットの扉の内側や洋服の近くに収納しましょう。

スカーフの収納は、

  • スカーフの素材や柄が一目でわかること。
  • できるだけスカーフにシワを作らないこと。
  • スカーフの収納に場所をとらないこと。
  • が理想です。

    タオル掛けを利用する。

    クローゼットの扉の内側などには、タオル掛けが便利です。
    キッチンなどで使うタオルハンガーなら簡単にとり付けできます。

    数枚のスカーフをかけることができ、使わないスカーフはコンパクトに収められます。

    スカーフを選ぶ時には、棒を広げれば一目瞭然。
    シワにもなりません。

    最近のタオルハンガーは滑り止めのついたものもあるので上手に利用しましょう。

    スラックスハンガーを利用する。

    スラックスハンガーを利用するのもおすすめです。

    スラックスハンガーは、スラックスを数枚吊るす事ができるハンガーのこと。

    スカーフをスラックスハンガーの幅に合わせて折り、掛けます。

    そのまた半分の幅にスカーフを折れば、2倍分かけられます。
    スラックスハンガーごと、クローゼットにしまっても場所をとりません。

    針金ハンガーを利用する。

    家にあるもので・・・ということなら針金ハンガーを使用する手もあります。

    針金ハンガーのねじりをほどき、クリップを通しスカーフをはさみます。
    スカーフに当たる部分には当て布をすれば跡もつきません。

    この方法も、場所をとらず、たくさん収納できます。


    これらの方法は、スカーフに限らず、マフラー・ショール・ストールの収納にも使えます。

    あなたの収納方法に合う手段で試してみてください。

     

    スタイリストおすすめ旬NEWS!!

    ファー さらりと巻くだけで、いつもの着こなしがスタイリッシュに変わるアイテム、スカーフ。
    2007年秋冬は、スカーフの代わりに毛皮 にリボンやレース、真珠、クリスタルなどを組み合わせ、可愛らしさを強調したファー をあしらうスタイルが新鮮。
    毛皮はラビット などで、黒やグレーなど濃いめの色が今年風です。

    パシュミナの季節ですね!!

    洋服から帽子、バック、ブーツまで全身ブラックのコーディネートが新鮮です。

    この秋冬のマストカラーはブラック。4大スパイスカラーとして注目されているのが、ブルー、パープル、オレンジ、イエロー系。
    ラインは、すっきりとした縦長のシルエットを意識して、全身を視覚的に細くみせるのがトレンド。 さらに、今年らしくみせるなら、ファーのハットや手袋、グローブを着こなしのアクセントに!

    パシュミナスタイル・ドットコム
    鮮やかパープル、こっくりオレンジ・・スパイシーカラー揃いました!!

    お気に入りのスカーフを見つけよう!

    by楽天ファッションスカーフ市場 人気スカーフ売れ筋ランキング