スカーフの巻き方集 TOP スカーフの基礎知識 > マフラー・ショール・ストールお手入れ方法


Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

マフラー・ショール・ストールお手入れ方法

マフラー・ショール・ストールの上手なお手入れ方法

外出先から帰ったら、マフラー・ショール・ストールなどは、通しのよいところにかけ、ブラッシングで軽く埃を落としておきましょう。

洗濯する場合、最近のアイテムには、様々な素材や染め、プリント製法などがあり、最新の素材や製法の生地には一般的なお手入れではカバーしきれないものもあります。

普段使いのアイテムは、家庭用の専用洗剤で上手にお手入れを、 大切なアイテムは、クリーニングに出すことをおすすめします。

マフラー・ショール・ストールの洗い方

マフラー・ショール・ストールなどを家庭で洗濯する場合は、洗濯ネットへ入れて行います。

  1. 汚れた部分が表に出るように、きちんとたたんで洗濯ネットへ入れる。
    端にフリンジなどの装飾がある場合は、フリンジを内側にしまいます
  2. 水、または30度以下のぬるま湯に専用洗剤を入れよく混ぜて洗剤液を作る。
  3. マフラー・ショール・ストールを浸して軽く押し洗いする。
    洗剤によってはつけ置きだけでOKの場合もあります。
    洗剤の表示を確認してください。
  4. ネットに入れたまま、洗濯機で15秒程度脱水する。
  5. 水を替えてすすぎ洗い。要領は洗う時と同様に。このすすぎを2回繰り返す。
    すすぎには時間をかけすぎないように。生地を傷める原因になります。
  6. すすぎの最後に柔軟剤を入れる。
  7. 2~3分浸す。
  8. もう一度洗濯機で15秒程度脱水する。
  9. ネットからとり出し、形を整えて陰干しする。
  10. 干す時は、平に干すか、2本のハンガーにそれぞれ端をかけて(M字に)風通しのよいところに干す。
  11. マフラー・ショール・ストールなどは、「てかり」が出ないように当て布をしてスチームアイロンをかける。
    アイロン軽く押さえる感じでかけるのがコツ。
  12. フリンジは、一本一本丁寧に整え、根元から先に向かってアイロンをかける。
  13. 仕上げに、フリンジにブラシをかける。

 

スタイリストおすすめ旬NEWS!!

ファー さらりと巻くだけで、いつもの着こなしがスタイリッシュに変わるアイテム、スカーフ。
2007年秋冬は、スカーフの代わりに毛皮 にリボンやレース、真珠、クリスタルなどを組み合わせ、可愛らしさを強調したファー をあしらうスタイルが新鮮。
毛皮はラビット などで、黒やグレーなど濃いめの色が今年風です。

パシュミナの季節ですね!!

洋服から帽子、バック、ブーツまで全身ブラックのコーディネートが新鮮です。

この秋冬のマストカラーはブラック。4大スパイスカラーとして注目されているのが、ブルー、パープル、オレンジ、イエロー系。
ラインは、すっきりとした縦長のシルエットを意識して、全身を視覚的に細くみせるのがトレンド。 さらに、今年らしくみせるなら、ファーのハットや手袋、グローブを着こなしのアクセントに!

パシュミナスタイル・ドットコム
鮮やかパープル、こっくりオレンジ・・スパイシーカラー揃いました!!

お気に入りのスカーフを見つけよう!

by楽天ファッションスカーフ市場 人気スカーフ売れ筋ランキング