スカーフの巻き方集 TOP スカーフの基礎知識 > スカーフのお手入れ法


Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

スカーフのお手入れ法

スカーフの上手なお手入れ方法

スカーフをおしゃれに使いこなすには、普段のお手入れも大切です。
お気に入りのスカーフを素敵に使いこなすにも、いざ取りだした時に汚れていたりシワシワだったりでは活用できません。

また、汚れを放っておくとシミや虫食いの原因になります。
使用後は、少なからず汗をかいているものですし、汚れチェックを習慣にしましょう。

スカーフには様々な素材や染め、プリント製法などがあり、シミの原因(ジュース、醤油、コーヒー、汗など)との関連はそれぞれ違います。
最新の素材や製法の生地には一般的な染み抜き方法ではカバーしきれないものもあります。

シルクは、ドライクリーニングが基本ですが、最近では手軽に家庭でも洗えるようなドライクリーニングマークに使える洗剤も市販されていますね。

普段使いのスカーフは、家庭用の専用洗剤で上手にお手入れを、 大切なスカーフは、クリーニングに出すことをおすすめします。

スカーフのシミ抜き

シミは、時間が経つほど取れにくくなるので、ついたらすぐ応急処置、家に帰ってからの素早い処置がポイント。
シミには水溶性と油性の2種類あり、それぞれ対処の仕方が違います。

時間が経ってどちらのシミか分からない場合

シミの部分に水を一滴たらしてみれば判断できます。

水がしみ込めば水溶性、はじいて水滴が残るようなら油性です。

光に透かしてみて、シミのまわりに輪ジミができていれば水溶性、輪ジミがない場合は油性です。

水溶性のシミ

水性インク、お茶、ジュース、コーヒー、しょうゆ、ソース、血液など

応急処置

ティッシュで押さえて表面の汚れを吸い取り、汚れた面にティッシュを当て布代わりにして固く絞ったタオルなどでよくたたいておく。

家に帰ったら

  1. 清潔なタオルなどの上に、シミの部分を下にして、汚れをタオルに移すように湿らせた布やめん棒などで裏側からやさしくたたく。
    水で落ちない場合は、中性洗剤を薄めて使う。
  2. シミの輪郭部分に輪ジミが残らないように念入りにたたきます。
  3. 最後にもう一度、水で湿らせた布やめん棒などでたたく。

油性のシミ

ファンデーション、口紅、油、カレー、トマトソース、クリーム、クレヨンなど

応急処置

油性のシミは、ティッシュで汚れをつまみとっておきます。

こすったり、揉んだりすると、汚れが繊維に浸み込んで取れにくくなるのでご注意を。

家に帰ったら

  1. 清潔なタオルなどの上に、シミの部分を下にして、汚れをタオルに移すようにベンジンをつけた布やめん棒などでやさしくたたく。
  2. ある程度落ちたら、最後にもう一度、水で湿らせた布やめん棒などでたたく。

ベンジンやアルコールなどは、スカーフの目立たない部分でシミにならないことを確認してから使いましょう。

スカーフの洗い方:シルクの場合

  1. シルク対応の専用洗剤の原液を白い布につけ、スカーフの目立たない部分で色落ちしないかを確認する。
    色落ちした場合は、家庭での洗濯はあきらめて、クリーニングに出す。
  2. 水、または30度以下のぬるま湯に洗剤を入れよく混ぜて洗剤液を作る。
  3. スカーフを浸して素早く振り洗いをする。
  4. 水を替えてすすぎ洗い。要領は洗う時と同様に。このすすぎを2回繰り返す。
  5. 新しい水または30度以下のぬるま湯に柔軟剤と洗濯糊を入れよく混ぜる。
    ふんわり仕上げるなら洗濯糊を少なめに、パリッと仕上げたい場合は柔軟剤を少なめにする。
  6. スカーフを浸す。(液が全体にいきわたる程度でOK)
  7. そのままタオルにはさんで水気を吸い取る。
  8. 干さずに生乾きの状態でアイロンをかける。
  9. 軽くシワを伸ばし、裏側から中温ドライのアイロンをスカーフの中心から縁へ向かって横に動かす。
    (縁の丸みをつぶさないようにアイロンを少し浮かすのがコツ。)
  10. 最後に縁の部分を軽く押さえるようにアイロンを当てる。
  11. 完全に乾くまで陰干ししてから収納する。

 

スタイリストおすすめ旬NEWS!!

ファー さらりと巻くだけで、いつもの着こなしがスタイリッシュに変わるアイテム、スカーフ。
2007年秋冬は、スカーフの代わりに毛皮 にリボンやレース、真珠、クリスタルなどを組み合わせ、可愛らしさを強調したファー をあしらうスタイルが新鮮。
毛皮はラビット などで、黒やグレーなど濃いめの色が今年風です。

パシュミナの季節ですね!!

洋服から帽子、バック、ブーツまで全身ブラックのコーディネートが新鮮です。

この秋冬のマストカラーはブラック。4大スパイスカラーとして注目されているのが、ブルー、パープル、オレンジ、イエロー系。
ラインは、すっきりとした縦長のシルエットを意識して、全身を視覚的に細くみせるのがトレンド。 さらに、今年らしくみせるなら、ファーのハットや手袋、グローブを着こなしのアクセントに!

パシュミナスタイル・ドットコム
鮮やかパープル、こっくりオレンジ・・スパイシーカラー揃いました!!

お気に入りのスカーフを見つけよう!

by楽天ファッションスカーフ市場 人気スカーフ売れ筋ランキング