スカーフの巻き方集 TOP スカーフの基礎知識 > スカーフの素材


Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

スカーフの素材

布は、綿やシルクなどの自然素材を紡いだ天然繊維と人工的に作られた化学繊維の2つに分かれます。

さらに、織り方、編み方、糸の種類、染色やプリントなどの仕上げ加工などの違いにより多種多様に分かれます。
肌触りや風合い、柔らかさや張りによって印象が決まってくるのです。

それぞれ、取り扱い方も違うので、基礎知識を持っておくとスカーフを選ぶ時に便利です。

素材の特徴

絹(シルク)

絹はスカーフにもっとも多く使われる素材です。
上品な光沢を持ち、風合いはしなやかでドレープ性に富み、スカーフとして巻いた時、美しい表情を出してくれるでしょう。
天然繊維の中で最も細い糸でもあります。

静電気が起きにくく、保温性が高いのも特徴です。
一方で、摩擦やアルカリに弱いという欠点もありますが、近年の改質技術で扱いやすい物が増えています。
ものによっては、家庭で洗濯できるものもありますが、できればクリーニングに出したほうが安心です。

毛(ウール)

羊毛からとれる繊維をウールといいますが、それ以外の動物の毛を使った獣毛も広義に含まれます。
ショール、ストール、マフラーに多く使われます。
保温性、吸湿性、弾力性に優れた暖かい天然繊維。

家庭でも洗濯できますが、洗い方を間違えると縮んだり、毛玉ができたりするのでよく品質表示を確かめてお手入れましょう。
ウールの種類でも、カシミヤやアンゴラ、アルパカ、パシュミナなどの高級繊維はクリーニングに出すことをおすすめします。

綿(コットン)

綿は、吸水性、通気性がよく、耐熱性もあり、洗濯にも強いので実用的な用途として幅広く使われています。
欠点は、しわになりやすく、縮みやすいところ。

肌触りがよく、汗を吸い、汚れがつきにくく、落ちやすいことから春夏ファッションに活躍します。
カジュアルな着こなしには、欠かせない素材です。

麻(リネン)

麻は、亜麻(リネン)、苧麻(ラミー)、黄麻(ジュート)、マニラ麻など多くの種類があります。
主に日本で、衣料用として使われているのが「リネン」と「ラミー」。

繊維製品の品質表示では、亜麻(リネン)、苧麻(ラミー)、マニラ麻の3種類を「麻」と呼んでいます。

堅く伸びにくく、強い繊維で独特のシャリ感が特徴。
さらりとした感触の麻は、夏用衣料、ハンカチーフ、スカーフなどに使われます。

しわになりやすいので、使用するたびに手入れが必要です。

化学繊維

アクリル繊維、ナイロン繊維、ポリエステル繊維は、三大合成繊維と呼ばれる代表的なものです。
これらは、安価なスカーフとして普及しています。
取り扱い方は、それぞれ違うので品質表示をよく確認しましょう。

アクリル繊維

アクリル繊維とはアクリロニトリルを原料とする合成繊維。
きれいな色に染色でき、いつまでも変色しない性質を持ちます。
ウールに似た風合いで、丈夫で虫食いの心配がないので、ニット素材に多く使われます。

ナイロン繊維

ナイロン繊維は最も早く誕生した合成繊維。
1930年代頃から開発、衣服に取り入れられ始めました。
酸性染料で染色が可能。
染めやすく、鮮やかな発色がでます。
光沢と透明感があり、柔らかく、しなやかなのが特徴です。

ポリエステル繊維

ポリエステル繊維は、絹を目標に開発されたものです。

石油を原料とし、初期のものは実用性が低かったのですが、改良が重ねられ、現在では、軽くて、しなやか、加工は自由自在、シワになりにくく、乾きも早い、 ほぼあらゆる色表現が可能になるなどマルチに活躍する素材になりました。

世界規模で量産されています。

混紡糸

混紡糸は、2種類以上の異なった繊維素材を組み合わせて1本の糸にしたもの。
単一素材では得られない特徴のある糸を紡ぐことができ、染まりやすいのが特徴。
価格をおさえることができ、安価で手に入ります。

 

スタイリストおすすめ旬NEWS!!

ファー さらりと巻くだけで、いつもの着こなしがスタイリッシュに変わるアイテム、スカーフ。
2007年秋冬は、スカーフの代わりに毛皮 にリボンやレース、真珠、クリスタルなどを組み合わせ、可愛らしさを強調したファー をあしらうスタイルが新鮮。
毛皮はラビット などで、黒やグレーなど濃いめの色が今年風です。

パシュミナの季節ですね!!

洋服から帽子、バック、ブーツまで全身ブラックのコーディネートが新鮮です。

この秋冬のマストカラーはブラック。4大スパイスカラーとして注目されているのが、ブルー、パープル、オレンジ、イエロー系。
ラインは、すっきりとした縦長のシルエットを意識して、全身を視覚的に細くみせるのがトレンド。 さらに、今年らしくみせるなら、ファーのハットや手袋、グローブを着こなしのアクセントに!

パシュミナスタイル・ドットコム
鮮やかパープル、こっくりオレンジ・・スパイシーカラー揃いました!!

お気に入りのスカーフを見つけよう!

by楽天ファッションスカーフ市場 人気スカーフ売れ筋ランキング